【レーシック知識】レーシックで乱視の治療も可能

近視の治療としまして非常に大きな効果を実現することの出来るのがレーシック手術となります。
しかし治療の対象は近視だけに限ったことではなく、乱視の治療もすることが出来るのです。レーシックの技術が次第に進歩してきたことによって、乱視の矯正も出来るようになりました。
乱視も近視と同様に、角膜の屈折率を矯正することによって元々の視力を取り戻すことが出来るのです。

 

数年前のレーシック手術におきましては乱視治療を行うのは難しいこととされていました。
乱視は近視と比較をして視力の矯正が複雑になってしまうので不可能に近いものだったのですが、それが今日大きく変わってきたのです。
「安かろう悪かろう」という言葉がありますが、これはレーシックについてはちょっとニュアンスが異なることがあります。
人気のあるクリニックではそれだけ患者数が多いので安く確実なレーシック手術を受けることが出来るのです。

 



【レーシック知識】レーシックで乱視の治療も可能ブログ:2018-10-20

トレーニングすると汗をかきますが、
汗はトレーニングによって熱くなった身体を冷ます役割をもっています。

水分補給をせずにトレーニングを続けると、
体内の水分が減少して脱水症状を起こしやすくなりますので、
のどがかわいたと感じる前に、しっかりと水分を補給しましょう。 

7日間程度のトレーニングなら水だけでも充分ですが、
7日間以上の激しいトレーニングの場合は、
汗で失われるミネラルを補給できる
スポーツ飲料やミネラルウォーターがオススメ!

スポーツ飲料は体液と近い成分のため、
失われた水分やミネラルをすばやく吸収して疲労回復を早めます。
スポーツ飲料には、
アイソトニック飲料とハイポトニック飲料の2種類があります。

この2つの違いは糖分濃度です。
糖分濃度が身体と等しいアイソトニック飲料と比べると、
濃度が低いハイポトニック飲料のほうが速やかに水分を吸収できます。

つまり、トレーニング前にはアイソトニック飲料、
トレーニング中やトレーニング後はハイポトニック飲料のほうが適しているんです。

ハイポトニック飲料は、
アイソトニック飲料を水で2〜3倍に薄めたものでも代用できますし、
ミネラルウォーターでも汗で逃げてしまう水分やミネラルを補給できます。

ですが、激しいトレーニングで大量の汗をかいた場合は、
塩分と糖分をプラスして飲みましょう。

温度は5〜15℃くらいが適温です。
冷たすぎると身体に負担をかけますし、
熱すぎると体温を下げることができません。

また、汗をかいた後のビールは、
アルコールの利尿作用もあるため水分補給には役にたちません。
日本酒を飲む前には水分をしっかりとりましょう。

トレーニングするときは「かわく前に飲む」が鉄則。
自分にあった飲み物を見つけ、頻繁に水分補給を心がけてくださいね!