安心安全の最新レーシック情報ステーション

安心安全の最新レーシック情報ステーション

見逃すことの出来ない最新のレーシック手術情報をお届けしています。
【安心安全の最新レーシック情報ステーション】のサイドメニューにまずはご注目ください。まだまだ正直な話し、レーシック手術というものが老若男女問わずに広く知られているというワケではありません。
しかし安全性が高くなってきた今、その他の医療行為と同じように当たり前の手術として確立すること間違いないでしょう。「レーシックって失明をしてしまう危険性があるのでは?」と不安を抱えている人もかなり多いかと思います。
絶対に失明はしない!とは言えませんが、日本国内では失明の事例は0件ですので過度な心配は必要ありません。

 

テレビや雑誌などでレーシックについて数々特集が組まれていますがやはり心配なのはその成功率ですよね?
実際のところ優良と言われているクリニックではほとんど失敗例が無く視力を取り戻している人は多くいるのです。

医療レーザー脱毛
http://matome.naver.jp/odai/2140660499171473101




安心安全の最新レーシック情報ステーションブログ:2018-12-10
「背中を洗ってくれないか」
と、親父に言われた。
この親父というのは、実は妻の親父である。

わしは一瞬戸惑ったが、
「え?!あっ!はいっ」
と言いながらタオルを構え、親父の背中にあてがった。

初めて親父の背中というものに触れた。
なんか丸っこくて大きくて、何だかゴツゴツしている。

上手に洗ってあげようと思えば思うほどうまくいかない。
タオルがねじれてしまう…

今度は親父がわしの背中を洗ってくれるらしい。
わしは静かに親父に背を向ける。

親父は、なんていうか、力加減を知らない。
すごく力強くて、体についている必要なものまで
洗い流されてしまいそうな感じ。

思わずわしは、身をよじってしまった。
「すまん」親父は申し訳なさそうに、
「男の子の背中を洗うのは難しいな」と言った…

わしは物心のついたころから、
女手ひとつで育てられてきた。

我が家に親父がいないことを悲しがらなかったのは、
母の育てかたが上手だったからだと思う。
溢れんばかりの愛を注いでくれたので、
わしはとても幸せだった。

とは言え
親父のことを思わなかった訳ではない。

ただ、そのときわしがイメージするものは
どれも好感の持てないものばかりだった。

無口!ガンコ!厳しい!
正直、「親父は怖い」という印象しかなかった。

そんなわしに父ができたのは、
わしが結婚をしたからだ。

妻の親父は、わしにとって不思議な存在だった。
格好なんてつけない。不器用だけどまっすぐ。褒められると照れ隠しする。
大きなお世話なことばかりする…

わしは、親父というものに対する印象が
まるっきり変わった。


安心安全の最新レーシック情報ステーション モバイルはこちら