安心安全の最新レーシック情報ステーション

安心安全の最新レーシック情報ステーション

見逃すことの出来ない最新のレーシック手術情報をお届けしています。
【安心安全の最新レーシック情報ステーション】のサイドメニューにまずはご注目ください。まだまだ正直な話し、レーシック手術というものが老若男女問わずに広く知られているというワケではありません。
しかし安全性が高くなってきた今、その他の医療行為と同じように当たり前の手術として確立すること間違いないでしょう。「レーシックって失明をしてしまう危険性があるのでは?」と不安を抱えている人もかなり多いかと思います。
絶対に失明はしない!とは言えませんが、日本国内では失明の事例は0件ですので過度な心配は必要ありません。

 

テレビや雑誌などでレーシックについて数々特集が組まれていますがやはり心配なのはその成功率ですよね?
実際のところ優良と言われているクリニックではほとんど失敗例が無く視力を取り戻している人は多くいるのです。

医療レーザー脱毛
http://matome.naver.jp/odai/2140660499171473101




安心安全の最新レーシック情報ステーションブログ:2019-02-18
「夕飯はまかせといて!」と私。

母親は、出前のチラシを見せながら…
「こっちのほうが安いんじゃないの?」

わたくしは「なんで人の気持ちを汲んでくれないの!」と怒る。

母親が
「だいたいあんたがショッピングに行くのが遅いからよ!」と応戦。

喧嘩の始まりはいつもこうです。

母親のことを大切に思うからこそ提案したことだったのに、
喧嘩になって…
結果的に、母親に嫌な思いをさせる事態に
わたくしとしては納得がいかないわけですね。

思い起こせば娘の頃のわたくしは、
気持ちを受け取ってもらえない寂しさを
いつも感じていたかもしれません。

母親の顔色をうかがって
喜んでもらえないことに対して、
わたくしがやったことは迷惑なことだったのかなと
自分を責めていたようにも思います。

いつの間にか母親との会話は敬語で応対するようになり、
母親の気持ちを受け取ることを拒否し、
こちらから与えることを放棄して
だんだん距離を取っていきました。

母親は祖母が病気がちで臥せっているような家庭で育ったので、
早くから自分が気丈でなければいけない、
人の世話になって迷惑をかけてはいけない…
という思いが強かったのでしょう。

親が病気で寂しい思いをした分、
娘のために健康でいなければという気持ちもあったようです。

年老いて気持ちに体がついていけなくなってきている今、
少しずつですが
ようやく頼ることもできるようにはなってきているようです。

社会人になったわたくしは、
母親との関係も変化していき、
敬語で接するようなことはなくなりました。

しかし、
母親の気持ちを受け取っていることを伝えること、
つまり感謝している気持ちは
十分にはまだ伝えきれていないように思います。


安心安全の最新レーシック情報ステーション モバイルはこちら